人は変わる!辛いことも乗り越えて手に入れた永遠の幸せ【結婚相談所の体験談】

約 6 分で読めます。】

第4弾の今回は、信二さん&華恵さん夫妻(仮名)のパートナーエージェント成婚ストーリーをご紹介します。

恋愛経験がなく自分に自信を持てずにいた信二さんと、両親の離婚を経験して自分との時間を大切にしてくれる男性との結婚を望んでいた、まっすぐな華恵さん。2人の一途な想いを綴った成婚ストーリーをご紹介します。

パートナーエージェントでは入会後に専属で担当するカウンセラーのことを「コンシェルジュ」を呼んでいます。

ほかの結婚相談所ではカウンセラーと呼ぶことがほとんどですので、お間違えのないように注意してくださいね。^^

パートナーエージェントの体験談

2人の詳しいプロフイール

 信二さん(仮名)

年齢 40歳
居住地 横浜在住
趣味 アクアビクス※、映画鑑賞、中国語の勉強
職業 システムエンジニア
結婚歴 女性との交際経験なし
入会するまでの経緯

海外勤務の経験があるため、価値観の似ている海外留学または勤務経験のある女性を希望。

仕事に胸をはる一方で、活動には自信がない様子。

お断りがある度に深く落ち込む。

それでもコンシェルジュのアドバイスで活動を継続し、入会から8か月で成婚退会へ。

 華恵さん(仮名)

年齢 28歳
居住地 横浜在住
趣味 エアロビ、東京散策、読書、料理
職業 語学講師
結婚歴 なし
入会するまでの経緯

在日中国人。

両親の離婚後、日本人の男性と再婚した母とともに日本へ。

魅力的な笑顔の快活な女性。

両親の離婚を目の当たりにしているからこそ、自分と過ごす時間を大切にしてくれる相手との幸せな結婚を強く願う気持ちがある。

2回目のデートに持参したお手製のお弁当が信二の気持ちを動かした。

入会から6か月で成婚退会へ。

今回は信二さんと華恵さんの成婚ストーリーをご紹介します。

今回はパートナーエージェント公式HPに掲載されている【成婚ストーリー:第4話『想いを集めて』】を引用・参考にして再編成してご紹介しました。

※信二さんの趣味にあった「アクアビクス」とは、プールで行うウォーキングやスクワット運動のこと。

水中で運動をすることで、カラダへの負担は陸上で行うよりも10分の1程度に軽減されます。少しの運動でもエネルギー消費が大きいので、ダイエットにも向いています。

コンシェルジュもぽかーん!?決断力がなく自信がない信二さん

システムエンジニアとして働く信二さんは、仕事の忙しさから恋愛経験はほとんどない状態。交際相手の女性を探すためにパートナーエージェントへ入会しました。

海外勤務の経験があるので、お付き合いする女性も留学経験または海外経験のある方を希望されていました。

仕事面では充実していた信二さんですが、結婚に関しては別問題。

婚活を始めた直後から、自分自身に自信を持つことができず、お見合いをした女性からお断りが入るたびにとても落ち込んでいたそうです。そんな信二さんを担当していたコンシェルジュの鳥越さんは、信二さんに首をかしげました。

「信二さんの自信のなさは、なにが原因なんだろう?」

コンシェルジュの鳥越さんとお話をしている間も、どこか自信なさげで目を合わせてくれなかったそうなんです。

パートナーとなる女性に求める条件を話すときでさえ「料理が上手な女性がいいです!」とはっきりと具体的に言うことはありません。まるでなにも物事が決められないような印象を受けたそうです。

そこでコンシェルジュの鳥越さんは「信二さんには、経験からものごとが予測できる仕事とは違い、先がまったく読めない婚活は、もしかしたら不安に感じているのかもしれない」とパートナーエージェント独自のコーチングの知識をもとに仮定しました。

そして、この場合は「恋愛経験を積んでもらって結婚へのイメージを具体化してもらうしかない!」と判断したコンシェルジュの鳥越さんは、短期間でできるだけ多くの女性を紹介することにしたのでした。

辛い経験も結婚への大きな1歩

コンシェルジュの鳥越さんは、ほかのコンシェルジュと連携しながら、信二さんの求める条件の女性を短期間で次々と紹介しました。

信二さんと条件にあう女性をお見合いさせた後は、鳥越さん自身の判断だけでなく、女性側のコンシェルジュの見解にも積極的に耳を傾けて、その際に教えてもらった情報を電話やメールで詳しく信二さんに報告しました。

こうすることで、

  • 好感を持たれた点
  • 女性からどのような印象を持たれたのか?
  • 楽しく会話をして時間を過ごせたのか?
  • マナーなど最低限、いますぐ改善していかなければいけないこと

など、信二さんが結婚にむけて必要なデータを集めていきました。

またコンシェルジュの鳥越さんは、お見合いのあとは必ず信二さんのカウンセリングを行い、心の変化を見逃さないようにしました。

お見合いが順調にうまくいき、相手の女性へ胸を高鳴らせたり、逆に傷つきながらもリアルな結婚観を養う信二さんをしっかりサポートし続けました。

信二さんの運命を変えた1本の電話

ある日、ほかのパートナーエージェントのコンシェルジュ石井さんから電話が入りました。

「華恵さんという女性を、信二さんにご紹介したいんです」

そこで詳しくコンシェルジュの石井さんから話を聞いてみると、華恵さんは中国の女性でいまは語学講師の仕事をしている女性だそう。

海外経験があり、同じような女性を探していた信二さんにはぴったりな女性だと思ったコンシェルジュの鳥越さんは、すぐに2人を会わせることに。

迷い決められない時間も大切に。

2人はファーストコンタクトで3時間も話が盛り上がり、すぐに交際を開始。そんなある日、石井さんから「華恵さんが成婚退会(=婚約)の決意を固めている様子です」と連絡が入りました。

ところが、同じく華恵さんに心惹かれているはずの信二さんが、なぜかプロポーズへの1歩を踏み出さずにいました。このままプロポーズせずににいるとタイミングを逃してしまい、華恵さんの気持ちも離れてしまう可能性も・・。

しかしコンシェルジュの鳥越さんは急かさずに、信二さんのプロポーズへの1歩を待つことに決めました。

恋愛ならば迷うことも当然なこと。しかも入会当時に比べて自信を持ち、ある程度の恋愛経験も短期間で積むことができた信二さんであれば、きっと決断することができるだろうと確信していたのでした。

一方で華恵さんの気持ちが離れてしまうリスクもあります。そこでコンシェルジュの鳥越さんと石井さんは頻繁に連絡を取り合い、華恵さんの気持ちをフォローし続けました

コンシェルジュの連携と、信二さんの決断。

ようやく鳥越さんが胸をなでおろす日がきました。

信二さんが華恵さんにプロポーズをして、成婚退会への決意を固めたのです。決め手は華恵さんのまっすぐな気持ち、誰よりも自分のことを大切にしてくれる女性だと気付いたことだったと、信二さんはいいます。

でもそのことを信二さんが気づくことができたのは、華恵さんに出会う前にいろんな女性とお会いした経験と、担当コンシェルジュの鳥越さんが励ましつづけてくれたからだと彼は婚活に励んだ日々を振り返ります。

コンシェルジュ同士の連携が2人の絆を育み、信二さんと華恵さん自身がお互いの存在の大きさに気付けたからこそ、生まれた夫婦としての絆なのでした。

担当コンシェルジュ:鳥越さんからのメッセージ

ーあなたの想いを上手にお伝えすることもコンシェルジュの得意技です。

交際がスタートすると、悩みをご友人に相談する会員さまが多くいらっしゃいます。

ですが、コンシェルジュはお相手のコンシェルジュと連携して、より良い関係へと発展するためのフォローができることを忘れないでください。

特に信二さんのように迷っている状況だと、お相手のお気持ちまで考える余裕がなくなり、放置状態にしてしまうことも。

そうなるとお相手の気持ちは次第に薄れ、結論が出た頃には手遅れというケースも多いのです。

そんなときもコンシェルジュにご相談いただければ、アドバイスをする一方でお相手のコンシェルジュと連携しながらフォローすることができるんです。

さいごに

いかがでしたか?

今回はパートナーエージェント公式HPに掲載されている【成婚ストーリー:第4話『想いを集めて』】を引用・参考にして再編成してご紹介しました。

過去の成婚ストーリーも大好評!多くの方に読んでいただいています!

 

ABOUTこの記事をかいた人

編集長の佐々木奈保子です! 東京都内在住の37歳・既婚女性です。31歳の時に人生の転換期を迎えて婚活を開始。 3年間の婚活を経て34歳のときに5歳年上の男性と無事結婚しました。 結婚までに80人以上の男性とお会いしました。婚活で出会った男性と連絡先交換〜デートを行った経験を元に、体験談や交際の際に役立つ恋愛ノウハウなどを更新中です!