結婚できない女性が見直すべき結婚観とは?

約 5 分で読めます。】

結婚できないと悩む女性の多くが「自分は負け組である」という認識を持っていることにとても危機感を感じます。

ほんとうに結婚していなければ幸せではないのでしょうか?

私自身、31歳のときの周りの目が気になりだして3年ほど一生懸命に婚活を頑張って、今はこうやって結婚生活を円満に送っている立場です。そこで思うのが「女性はやっぱり年齢と結婚を意識している!」ということ。

わたしの場合は、親を含めて周りの人の目は冷たくなってくるし、結婚しないことによって「結婚できない理由がある可哀想な女」と見られいるのではないか?と被害妄想のようになって頭の中から離れず、ぐるぐると同じことばかり考えてしまっていました。

そこで一念発起して3年ほど婚活を頑張った結果、今はこうして結婚生活を楽しむことができています。でも結婚して終わりではありません。そこから第2の人生が始めるのです。婚活をして結婚できたから「はい、幸せになれた!将来も安泰だ!」なんてシンプルなテーマではないのです。

そこで間違った結婚への認識や、必要のない焦りに煽られて不安になる必要のないように、正しい結婚への考え方を見つけていきましょう!

結婚できない女へ伝えたい「これはちょっとズレている?な結婚観」

結婚はあなた1人のためにするものではありませんよね。だって1人では結婚できません。あなたが「この人となら将来が想像できる、幸せに仲良く暮らせる気がする!」と心のそこから思えるような男性を見つけなければ意味がありません。

そうして、次は出会った男性との結婚生活が始まるわけです。

今までまったく違う環境で過ごしてきた男女2人がいきなり同じ屋根の下で日常生活を共有するわけですから、もちろん価値観のズレから喧嘩になることもあるだろうし、心のモヤモヤに押しつぶされそうになることもあると思います。

それでも20年、30年と時間が経って人生の終わりが見え始めた時に「楽しい毎日ね」と言い合える相手を探す、これが婚活の本質的な部分だとわたしは思うのです。

でも、自分の幸せばかり追いかけてしまっているとどうしても男性への要望ばかりになってしまいがち。「相手の収入はいくらで、こんな仕事をしていて、わたしは仕事を辞めて専業主婦になって・・」と思っていても結婚できなくなってしまうのは自然なこと。

自分の目線でしか結婚を捉えられていなければ、結婚相手を見つけることは難しくなってしまいます。

そもそもなんで結婚できない女性の原因とは?

そもそも論として、なぜ今は結婚したいのにできない女性が多くいるのでしょうか?その根本的な原因について考えていきましょう!

まずは結婚までの流れの変化が大きな理由のひとつ。ひと昔の人は親や仲介人が決めたお相手の男性とのお見合い結婚が成立していました。

もちろん理由は明白で男性も女性も、結婚に至るまでに現代のような恋愛らしい恋愛を経験することができなかったので、恋愛能力が低いのも要因のひとつ。

若い男女の恋愛経験が少ないのと、貞操感がいまとは違い厳しい時代でしたので、周りの親戚や近所のおせっかいおばさんのような存在の人が結婚相手としてふさわしいであろう男女2人を選び、お見合いをさせて結婚させていました。

さらに当時の日本の女性は、いまの時代よりも社会的地位が比べ物にならないぐらい低かったので「社会に出て男性と対等に働く」というようなライフスタイルは、女性たちの選択肢にはありませんでした。

ですから当時の女性は、進学や就職をして社会経験を積むよりも、年頃になればすぐにお見合いをしてしまった方が、結婚には有利だったのです。

しかし、いまのわたしたちを取り巻く環境はどうでしょうか?

女性も男性と同じように社会に飛び出してバリバリ働けるようになったし、恋愛も学生時代のときからみなさん自由に楽しんでいますよね。恋愛をするもしないも個人の自由です。

また会社での女性の評価も高くなり、正社員で男性並みに働いて自立できるだけの給料ももらえるようになりました。

すると女性は自分自身のお金で友だちと海外旅行へ行ったり、美容に関心が高くなるのでエステや化粧品にも自己投資することもできます。趣味を極めてみたりすることもできるし、料理や茶道などの習い事をしたり、休日に美味しいものを食べに行ったり・・。

なので自由を謳歌している20代の頃は、毎日が楽しくて結婚の必要性を感じる機会も少なかったのではないでしょうか?

(実は私自身も趣味の登山にハマり、休日といえ郊外に泊まりで出かけては山に登ってちょっと高級な旅館でご飯を食べて温泉にはいる、というように独身を満喫していました。苦笑)

でも、気づいたら30歳を過ぎていた。すると「ここまで仕事もがんばってきていろんな経験もしたし、美容にもお金をかけて自分磨きをしてきたんだから妥協したくない!」とお相手の男性への希望条件が、どんどん厳しくなってしまいがちになってしまいます。

そうして気づけば自分のこころの中で男性への理想が高く妥協できなくなって、結局良い出会いが目の前に転がり込んできても、そのチャンスに気づくことができず、独身のままで過ごすことになってしまうようなのです。

男性が結婚相手に求めるものは「若さ」

さらに先ほどのように結婚や男性への理想が高くなってしまったことに追い打ちをかけるように、男性は自分よりも若い女性を求める傾向があります。

婚活の市場でも男性側がお相手候補の女性を探すときに、1番最初に掲げる条件が「若さ」なんです。

30代・40代のいわゆるエリートコースまっしぐらの独身男性は、男性自身よりも平均5歳〜8歳若い女性をお見合い相手として選ぶ傾向があります。

ところが、女性のお相手男性への希望年齢は「同年代から平均5歳年上ぐらいまで」という方が多いです。独身男性が希望する女性の年齢層と、女性がお相手選びに希望する男性の年齢層が、これでは全く噛み合っていませんよね。

これではお互いの希望範囲が噛み合いませんから、お見合いは成立しません。だからこそ女性側は「自分自身の結婚どうしよう!?」と気づいたときに、早めに婚活をはじめるのが得策と言われるのです。

さらに女性は「子供が欲しい」と希望すれば、妊娠・出産のこと考えなければなりませんよね。なので恋愛を楽しむよりも、効率的に「結婚したい」と考えている独身の男性との接点を持つことができる婚活が選ばれる理由でもあるのです。

たとえば結婚相談所や婚活サイトなどに登録されている独身男性たちは、あなたにとっての「いわゆる”理想の男性”」ではないかもしれません。

しかし婚活を頑張っている男性は、皆さん真剣に「結婚したい」と考えて1歩を踏み出して行動なさっている方ばかりですよ。

ですので、あなた自身が「素敵な家庭を築きたい」と願って行動すれば、素敵な男性と出会い幸せを手に入れることはできます。

結婚に向けて努力した分だけ、かならず幸せになれます。

こころの声

結婚は今すぐにでもしたいんです。

でも、いまだにひとりのまま・・

そんなふうに悩まないでください。

結婚したいと思うのであれば、婚活という立派な選択肢があります。今の時代に最も必要とされる効率的で確実な「結婚相手を探すための出会いの場」です。いくつか恋をして、仕事に趣味に打ち込んだ20代。そんなタイミングがあったからこそ、成熟したあなたが今いるのです。

30代・40代、成熟したあなたは冷静にこの先、どのようにして生きていくべきか、自分の将来をイメージできるのではないでしょうか?

結婚するためには、行動する必要があります。すでに影で努力をし始めている女性たちは、そのことに気づいた人たちなのです。

さぁ、あなたもしあわせな結婚への階段を、登り始めませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

編集長の佐々木奈保子です! 東京都内在住の37歳・既婚女性です。31歳の時に人生の転換期を迎えて婚活を開始。 3年間の婚活を経て34歳のときに5歳年上の男性と無事結婚しました。 結婚までに80人以上の男性とお会いしました。婚活で出会った男性と連絡先交換〜デートを行った経験を元に、体験談や交際の際に役立つ恋愛ノウハウなどを更新中です!