いつまでも若くない親の老後と自分の10年後

「結婚相談所には興味があるけど、勧誘がしつこそう・・」の疑問に編集長が答えてみました。

約 3 分で読めます。】

突然ですが、あなたはご自分の老後について考えたことはありますか?

こころの声

えっ、まったく考えていないです!

でもとりあえず今はしっかり生活できているし、急いで心配する必要はなさそうだけど・・

放っておくと、なにか困ることでもあるんですか?

こんなふうに思われた方も多いのではないでしょうか?

老後とまで大げさいに言わなくても、このまま何も行動せずに過ごしているとどのような事態になってしまうのか?

あなたの10年後を笑顔で過ごすために、読み進めてみてくださいね。

あなたの貯金額はいくら?将来設計はこんなに大事!

このまま独身を貫いたとしても、結婚したいと考えて婚活をはじめるにしても「貯金額」はとても大事になってきます。

独身を貫く場合は、一定の貯蓄をしておかないと老後に身動きが取れなくなってしまいます。60歳の定年までは悠々自適に暮らしていたのに、老後の資金を貯めていなかったために貧困状態になってしまい、生活保護を申請する人が後を絶ちません。

婚活をされる場合も、無事に結婚が決まっても男性側が「やっぱり結婚するなら女性の金銭感覚がきになる!」と貯金額を参考にする場合があります。あまりにも浪費家であったりすると男性側も困ってしまいますので、貯金額は重視されますので、今からでもいいのでまだの方は貯金をできる範囲で始めていきましょう。

貯金額の平均はいくらぐらいなの?

そこで参考までに、独身女性がいくらぐらい貯金をしているのか?アンケート結果をご紹介します。

1位:50万円程度

2位:貯金なし

3位:100万円

※引用元:2位「ナシ」、1位は? 驚くべき“独身女性の貯金額”ランキングーエキサイト

みなさんはいかがですか?100万円ぐらい貯蓄があれば、なにかと安心ですよね。でも貯金がまったくなかったり、50万円程度となると少し不安要素になってしまいます。

おまけ:女性は男性にどれくらいの貯金額を求めるの?

ちなみに、別のアンケート「男性に望む最低限の貯金額は?」というアンケートでは、《1位:500万円以上》となりました。

 2位「300万円」、1位は? 女性が望む結婚相手の貯金額ランキング

引用元:2位「300万円」、1位は? 女性が望む結婚相手の貯金額ランキングー恋愛jp

さきほどの《独身の女性が貯めている貯金額》では1位が50万円だったのに対して、《男性に求める最低限の貯金額は?》は1位が最低500万円以上というのは、ちょっと厳しい結果ですよね。

「わたしは50万円ぐらい貯金があるけど、相手の男性には最低500万円以上の貯金額がないと結婚は厳しいかも〜」って、ちょっと都合が良すぎますよね。

それに50万円ほどの貯金額だと急な出費が発生したときも一瞬で貯金が0円になってしまう可能性もあります。女性も収入によって変わりますが、最低100万円ほどは貯金をしておかないと「貯金額」が不安要素として残ってしまうでしょう。

老後はどうする?あなたの親御さんは、いつまでも若くありません。

ある結婚相談所のカウンセラーが担当していた、独身女性の実話です。彼女の名はK子さん(仮名)、当時35歳でした。

彼女は最初、お母様から婚活を勧められて結婚相談所へ入会されました。しかし、K子さん自身は「仕事が楽しいし、恋愛にはあまり興味ないんです・・。」と仰っており、あまり婚活には乗り気ではありませんでした。

それから3年後、K子さんが38歳になったときの出来事です。

K子さんのお父様が脳梗塞で倒れてしまい、彼女は「お父さんに花嫁姿を見せたい!」と一念発起でお見合い婚活に前向きに取り組むことを決意。

ところがその決意の矢先に、今度は最初にK子さんに婚活を勧められていたお母様が認知症を発症してしまったのです。

K子さんは2人兄弟でしたが、お兄様は10年前に交通事故ですでに他界されており、兄弟はいませんでした。38歳で、親ふたり分の介護を抱えてしまったのです。

さらに、認知症になってしまったお母様が寂しがってK子さんを家に閉じ込めるようになり、お見合い婚活ところではなくなってしまいました。

「毎日が辛いです・・こんなことになるのであれば、もっと早くお見合いに励んで結婚しておくべきでした。後悔しています。」そんなふうにK子さんはおっしゃられていました。

あなたの親御さんはどうでしょうか?

いつまでも、親御さんはお元気でいてくれるとは限りません。人間は誰だって平等に1歳ずつ年を取ります。

年老いたご両親が病気になってしまったとき、ご自分の介護をこなしながら、お仕事をして生活を支えていくことはとても大変なことです。

あなたはご自身の老後を想像できますか?

 

ABOUTこの記事をかいた人

編集長の佐々木奈保子です! 東京都内在住の37歳・既婚女性です。31歳の時に人生の転換期を迎えて婚活を開始。 3年間の婚活を経て34歳のときに5歳年上の男性と無事結婚しました。 結婚までに80人以上の男性とお会いしました。婚活で出会った男性と連絡先交換〜デートを行った経験を元に、体験談や交際の際に役立つ恋愛ノウハウなどを更新中です!