人生を変える!前向きにする!30歳から考えてほしい結婚観とは?【30代からの婚活】

婚活を経験した私があなたへ伝えたい!30歳から考える結婚とは?【30代からの婚活】

約 5 分で読めます。】

30歳を迎えると周りも結婚ラッシュになり、さらに自分自身の身の回りも冷静に見えるようになり、少なからず結婚へ意識が向かうのはとても自然な流れです。

さらにいろんな経験や仕事の中での立ち位置が急激に変わる30歳以降は、必然的に結婚に対する考え方や将来像もはっきりしてきます。実はこのような時期の男女の「結婚願望」にはある共通の性質があります。

それは「お互いに良い人がいたら、すぐにでも結婚へ踏み切れる覚悟がある」という点。ここであなたについてじっくり考えてみましょう。

あなたの中で次の質問について考えてみてください。

  • Q1:あなたはこれからの人生設計を立てていますか?
  • Q2:40歳になったとき、50歳になったときのビジョンをお持ちですか?
  • Q3:老後の資金について考えてすでに行動されていますか?

あえて漠然とした質問を3つほど、あなたに問いかけてみました。いかがでしたか?

あまり考えたことのない質問の内容ばかりだったのではないでしょうか?実は結婚を意識し始めるタイミングで、このような質問を自分に何度も問いかけることはとても大切なのです。

なぜなら結婚は将来に関わる選択肢であり、その「結婚」という選択肢を選ぶか選ばないか(つまりそろそろ結婚するかどうか?について)真剣に考えるほどにあなた自身が成熟してきた証拠なんです。「結婚を見据える=自分自身の将来を考えるようになった」ということ。

この心境の変化に戸惑うのが30歳というタイミングなのです。

30歳からの結婚観とは?

「そもそも出会いがない・・」30歳からの結婚事情

「30歳を迎えると出会いがめっきりなくなってしまった」という方も画面の向こう側の読者さんの中にはとても多いと思います。理由は30歳を過ぎると周りの人たちが一斉に結婚してしまうからなんです。

「20代後半には恋人がいたけど30代に入る手前で別れてしまい、すぐに次の恋人が見つかるだろうなんて思っていたら全然出会いがなかった」というパターンの方も多いです。

「いい人とめぐり会えればすぐにでも結婚はしたい」と考えていても、そもそも出会いがない。それが最近の30歳以降の結婚事情なんです。

30歳から必要なのは?結婚への認識を変えて行動してみよう!

あなたは”結婚”に対してどのような認識をお持ちですか?ちなみに私は結婚についてこんなふうに考えています。

「結婚は恋愛とはまったく別物。たとえば共通の目標に向かって歩んでいく共同作業である」と。血のつながりのない、育った環境もまったく異なる男女が同じ屋根の下で毎日を一緒に暮らして、しかも経済的にも精神的にもつながりを持つことになるのが結婚。だからこそ、出会った時のフィーリングが大切。

あなた自身のこころの中で「この人と結婚したい」という気持ちを大切にしていく必要があります。相手のことを信頼できて、さらに2人でリラックスして過ごすことができる。そんな気持ちを忘れてしまいお互いを平等に尊敬し合えなくなると、いわゆる「仮面夫婦」になってしまう可能性もあります。

「結婚したい」と少しでも思うのであれば、軽い気持ちからでも構いませんので、何らかの形で婚活をする必要があります。

いま何も行動をしなければ、ただ1年、また1年と年齢を重ねていくだけです。あなたの頭の中で理想の結婚像を思い浮かべるだけでなく、まずはあなた自身で行動してみて、積極的に出会いを増やしていくことが大切なんですよ。

30歳からの婚活はなにから始めればいい?

30歳からの婚活は、まさに時間との勝負です。子供が欲しいと考えている場合には、なおさら時間軸を意識する必要があります。

そこであなたに質問です。

あなたは現在どのタイプでしょうか?次の中から一番近いものを選んでみてください。

  1. まだ結婚自体に興味があるかどうかわからない。
  2. 結婚に興味があるので、いろいろな婚活スタイルを試してみたい
  3. いまは仕事で忙しいけど、できればスキマ時間を使って婚活したい
  4. 結婚はしたいけど、あまり婚活にお金を使いたくない
  5. とにかく結婚願望があるので、いますぐに出会って結婚したい

婚活初心者さん向けの特集の記事(婚活にはどんなサービスがある?あなたにピッタリな婚活スタイルの選び方のコツ)で書いたことなんですが、結婚したいなら、あなたの現状を知ることが大事です!

たとえば結婚相談所タイプでは明確に「1年後までに結婚する!」と目標を決めて、担当のカウンセラーと2人3脚で婚活に励むことができます。あなたの中になる希望や将来設計から時間を逆算してみて目標を立てて、カウンセラーにアドバイスをもらいながら婚活をすれば、「この人と結婚したいな」と思える人とも早く出会うことができるかもしれません。

逆に「今すぐ結婚したい!」と焦っている訳でもなく仕事とのバランスを取りながら、いわゆる婚活パーティーと呼ばれるスタイルの婚活に挑むのもおすすめです。お酒の席にも慣れている方も多いと思いますので、仕事での付き合いの延長線上のような感覚で参加できる面もポイントですよ。

実は婚活パーティーは結婚相談所での婚活の合間に、気分転換のような感覚で利用される方も多いんです。そのためパートナーエージェントが運営するOTOKON(おとコン)のように、大手の結婚相談所が婚活パーティーを運営していることが多いです。

このように婚活サービスも多種多様になっていて、あなたの現状に合わせてサービスを使い分けることができるのです。

しかし、30歳というタイミングは婚活をはじめるには絶妙なタイミングと言えます。つまりいまこの瞬間の時間が貴重なので、効率的に質の良い出会いを求めるのであれば結婚相談所がおすすめです。

結婚相談所に入会された方の60%の方が、1年以内のご成婚を掴み取っています。30代であれば男女ともに婚活を始める適齢期とも呼べる年齢ですので、下手に婚活サイトなどに手を出すよりも安心と言えます。

でも「やっぱり料金が高めなのではないか?」と不安になる方もいるのではないでしょうか?

たとえば婚活サイトのブライダルネットは「婚シェル」と呼ばれる、結婚相談所でいうカウンセラーのような相談役を用意しています。婚活サイトで結婚相談所のようなサービスを提供しているのはブライダルネットだけです。

さらにブライダルネットは結婚相談所のIBJメンバーズが運営していますので、変わらない質のサポートを受けることができるんです。結婚相談所には費用的に手を出しにくい方にはとてもお勧めと言えます。

婚活は恥ずかしいことですか?大切なのは「結婚後が幸せかどうか?」です。

30歳からの結婚はあなた自身で行動しなければ、20代までのような「すんなり相手が見つかって結婚できる」というものではありません。婚活サービスを利用することに抵抗感を持つ方が多いのも事実。

私が31歳で婚活を始めた直後もそうでした。恥ずかしくて周りに「婚活をしている」なんて言えませんでした。でも心を裸にしてみて、一番大事なのは今後の自分自身が心の底から「幸せだ!仕事がんばろう!この人のことを大切にしていこう!」と思えるかどうかだったのです。

だから少なくとも私は婚活をがんばれたし、いまこうやって自分の経験をもとに「同じように結婚に対して悩む人へ向けて情報を発信しよう!」と行動できる勇気を持つことができました。胸を張って婚活をおすすめできるのは、私の中でも心の葛藤があったからなんだと思います。

結婚が必要なければ、無理にする必要はありません。でもあなたにとって支え合えるパートナーが必要だと考えるのであれば結婚はすばらしい選択肢だと思います。ぜひ前向きに考えて欲しい。

この記事が、あなたにとって結婚への大きな1歩のきっかけになれば幸いです。

ABOUTこの記事をかいた人

編集長の佐々木奈保子です! 東京都内在住の37歳・既婚女性です。31歳の時に人生の転換期を迎えて婚活を開始。 3年間の婚活を経て34歳のときに5歳年上の男性と無事結婚しました。 結婚までに80人以上の男性とお会いしました。婚活で出会った男性と連絡先交換〜デートを行った経験を元に、体験談や交際の際に役立つ恋愛ノウハウなどを更新中です!