「結婚したら不幸になる」はウソだった!?8割の人が幸福感を感じている!

約 2 分で読めます。】

「結婚したい!」とふとしたキッカケに思い立って、人生最後のチャンスとばかりに婚活を頑張る30代・40代がいる一方、結婚するメリットを考えられず、独身を謳歌するアラサー・アラフォーも多いです。

でも、今この瞬間に楽しさにすがりついて貯金もせずに遊び呆けていると、40代、50代と年齢を重ねて「寂しいから結婚しようかな」と考えるころには、もう手遅れになってしまっています。

そこで、独身を謳歌している30代・40代の皆さんに「結婚した後のあなたの変化」を想像してもらって、それでも独身を謳歌し続けるのか、はたまた一念発起して結婚に向けて行動するのかを決断するヒントになればと思います。

結婚すると幸福度が上がり、社会的信用も得ることができると答えた人は8割以上

結婚して生活がどのように変化したか?

結婚して生活がどのように変化したか?調査結果

【リクルートブライダル総研調べ】

結婚による日常生活の変化は、

  • 家族としての絆が得られる:男性78.8%/女性86.7%
  • 好きな人と一緒にいれてうれしい:男性75.7%/女性83.7%
  • 精神的安定(安らぎ・寂しくないなど)が得られる:男性75.3%/女性81.5%
  • 社会的に信用される:男性59.3%/女性56.5%

全体的にライフサイクルが変化しているのがわかります。

例えば、今までは「自分の生活のために働いていた」と仕事に関して考えていた人が「誰かのために仕事を頑張るようになった」と仕事に対する向き合い方が変化するなど、一人の人生ではなく、人生のパートナーと歩んでいく人生に変わるのです。

「日常のふとしたことが幸せに感じるようになったんです。」

ある45歳・会社員の男性は、婚活後に結婚された奥さまとの結婚生活をこんなふうに語ってくれました。

「仕事が終わり帰宅すると、今朝飲んだコーヒーのマグカップがそのままテーブルに置いてあるのを見て『あぁ、孤独だな・・』と感じたんです。それが僕が婚活を本格的に始めようと思ったキッカケでした。

結婚した今は、残業から帰宅しても奥さんがあらかじめ作り置きしてくれたご飯を温め直してくれて、きょう1日の出来事を尋ねてくれます。「きょうは天気が良かったね。遅かったけど、ご飯作っておいたよ。おなかすいたなら食べる?」って感じで。

誰かに心配してもらって、大切に思われて、愛されているという実感を毎日感じています。

もちろん、独身時代のような金銭的な自由は無くなりました。ですが、僕の心にはもう孤独感はなく、結婚した奥さんとの将来を考えていける幸せを毎日噛み締めて、仕事を頑張っています。」

この男性の実際の結婚後のお話と、調査結果には共通点があります。

それは「孤独感」を感じることが少なくなり、「幸福感」を感じるようになったということ。でも、40代・50代でいきなり結婚したいと言いだしても、上手くいかないものです。

気づいた時がチャンスです。早急に婚活を始めてくださいね。