「出会いがない」と焦っていない?普通に過ごしていても結婚できない理由はズバリこれだ!

約 4 分で読めます。】

突然ですが、あなたに質問です。

出会いが欲しいと思ったらあなたはどんな行動にでますか?次の3つの中から1つ選んでください。

Q1:会社の異性の同僚にいい相手がいないか、今の周りの環境を見回してみる

Q2:友だちや同僚に「いい人いたら紹介して」と声をかけておく

Q3:婚活のサービスを利用してみる

あなたの答えはいかがでしたか?

きっとほとんどの方が2番の「友だちや同僚に「いい人いたら紹介して」と声をかけておく」を選ばれたのではないでしょうか?

普段生活している中で、目の前に運命の結婚相手となる人が現れて・・。そんな出会いの末にするものが「結婚」だというふうに考えている人は多いと思います。

だれだって本当は「あくまでも自然なかたちで」結婚も考えられるような人との出会いを求めているものですよね。

ただ、今のまま過ごしてもあなたの目の前に運命の相手が現れて、そのまま1〜2年の間になにも問題なく順調に結婚できると思いますか?

みんなどこで恋人と出会って結婚しているの?

考える社員

こちらの記事でも特集したのですが、実は社会人になるとめっきり出会いが減ってしまう傾向があります。1374人に結婚式場のアニヴェルセルがアンケート調査した結果は以下のような内容でした。

1位:職場の同僚・先輩・後輩

2位:友人・知人の紹介

3位:学校の同級生・先輩・後輩

20代〜30代の独身の方で恋人がいる人のほとんどは、職場か友達の紹介、もしくは学生時代の知り合いから恋人関係に発展するシュチュエーションがほとんどなようなのです。

普段の生活の中で出会いがないから、職場で異性と付き合ってみるけどリスク満載!プライベートでも職場でも、ずっと恋人と顔を合わせることになってしまったり、別れたときは付き合っていることを知っている人には気を遣わせてしまうことになったり・・。

また「2位の友人・知人の紹介」は、親近感から恋人に発展することが多いようです。

友だちになれるのは、その人と過ごす時間が心地良いから。

そうすると人間の深層心理的に、共通点や共通点があるとお互いに親近感を感じることができて、自然と打ち解けやすい傾向にあるので、そのあとの恋人関係にも発展しやすいのですね^^

自然な出会いで1年後の結婚は非現実的!

さて、さきほどのような出会いの形を求めている人は多いと思いますが、このような出会いの形を求めている限り、1〜2年後の結婚を見据えることは不可能に近いです。

なぜなら、普段の出会いの中で「そもそも恋人関係に発展するような相手に出会える確率」はどれくらいだと思いますか?

何らかの接点を持つ人と出会う確率は1/240000(24万分の1)

同じ学校や職場、近所の人と出会う確率は1/2400000(240万分の1)

親しく会話を持つ人と出会う確率は1/24000000(2千400万分の1)

友人と呼べる人と出会う確率は1/240000000(2億4000万分の1)

親友と呼べる人と出会う確率は1/2400000000(24億分の1)

※引用元:レアルタ

友人と呼べるような存在に出会うための確率はなんと2億4000万分の1なんです!

ましてや恋人との出会いなんてもっと低い確率のはず。これではあなたが今のまま、日常生活を過ごしていて半年以内に恋人を見つけて1年ほど交際して順調に結婚・・なんとも非現実的に感じませんか?

日常生活の中での出会いにはリスクが付き物

落ち込む男性

日常生活の中で出会う相手とのお付き合いには、かなりのリスクがあります。ここが20代を終えて30歳を迎えた以降の方の婚活の際に気をつけなくてはいけないポイントでもあります。

そこで実際のわたしの友人の恋愛の体験談をご紹介しながら、詳しくご説明していきます。

彼のなまえはK.Tさん(仮名)

年齢 34歳
性別 男性
職業 超大手IT企業
年収 800万円
状況

海外留学から帰国してから付き合い始めた大手航空会社の客室乗務員の女性と8年ほど交際。

しかし1年ほど前に結婚への価値観の違いで破局。

しかし今も定期的に連絡は取り合っているが、

破局後は新しい彼女はできずに、気分を変えるために最近は転職。

しかし最近は結婚に対してはあきらめモード。

「子どもはもう間に合わないだろうし、いらない」と周りに愚痴をこぼしている。

K.Tさんは実際のわたしの友人でもある男性なのですが、航空会社勤務の女性と8年も付き合い、プロポーズまでしたのに「プロポーズのやり方が気に入らない」と結婚を断られ(汗)、そのあとは結婚の話がまとまらず破局。

2人は結婚への認識にすれ違いがあっただけで、お互いに結婚願望はあったんですが、うまくまとまらず。本人は「これじゃ、まるで8年間を無駄にしたみたいだよ・・」と話してくれました。

せっかく自然な出会いから恋人としてのお付き合いに発展しても、なかなか結婚を決めるのは難しいことのようです。

わたしの肌感覚では、なにかしらの婚活サービスを利用している方のほうが「結婚するためにがんばる!」と結婚への想いを明確にしていました。

ある程度の結婚後の将来設計もきっちり決めて、管理している場合が多いので、先ほどのK.Tさんのように「彼女との結婚観が噛み合わずに、結婚へのタイミングを逃してしまう」というような失敗を防ぐことができます。

出会いがないと悩んでる?普通に過ごしていても結婚できない理由:まとめ

「出会いがないな〜」とぼやっと考えるだけでは、毎日の生活の中で変化を起こすことは難しいです。

しかし出会いが今の生活の中で期待できないと自覚した上で、正しい行動をすることが大切です。

結婚相談所の体験談を動画でチェック!3組の夫婦のたっぷり動画インタビュー!でも特集しましたが、婚活で出会って幸せに生活されているご夫婦もたくさんいらっしゃいます。

そもそも婚活の市場には「真剣にお付き合いできる相手を求めて」飛び込んでくる方がほとんど。

必然的に結婚への可能性が高くなるのもうなずけますよね。ぜひあなたも婚活で良質な出会いを検討されてみてはいかがでしょうか?