一生独身が嫌なら読むべし!なぜか恋人に昇格できない男性の特徴2パターン

約 1 分で読めます。】

男性の皆さん!普段から女性とは仲良くなれるのに、なぜか「友達以上恋人未満」で関係が中途半端になってしまうことはありませんか?

「彼氏とは見れない」というセリフを想いを寄せていた女性から言われて、ショックなあまり1週間ほど、本当に落ち込んでいた男友達がいましたが、彼の性格は基本的に誰にでもお人好しで、困っていると助けてあげたりと気が効くタイプでした。

その友人を見ていて気づいたのですが、なぜか「彼氏に昇格できないまま、友達関係でいてしまう男性」というのは、次の2つのような共通点があります。

  • 頼みごとをすると嫌がることなく引き受けてしまう
  • あまり自分の意見を主張しない

女性が頼みごとをすると、嫌がることもなく引き受けてしまうので「便利な存在」になってしまうケース

これも、気づかないうちに悪循環になってしまっている男性がたまにいます。

女性側も実は男性に「尽くしたい」「何かをしてあげたい」と思っているので、あまりにも男性側から、あれもこれもと世話をされてしまうと、男性側が「便利な存在」に成り下がってしまうケースです。

この場合の対策法は、男性側が少し小悪魔的になることです。「◯◯のやり方がわからないから助けてほしい」と女性側から言われたときに、「やってあげてもいいけど、俺にも◯◯してね」などと言って、お返しを求めるのです。

一見「え?それだけ?」と思いきや、女性はそんな男性側の要求が”可愛く見えてしまう”のです。

あまり自分の意見を主張しないので、女性側が男らしさを感じず飽きられてしまうケース

あまり自分の意見を主張しない性格だったりすると、根本的に変えていくことは難しいですが、相手の意見を尊重しすぎるあまり、女性側のわがままや要望ばかり通ってしまい、女性側のあなたに対する興味が薄れてしまうパターンです。

女性から「◯◯に行きたいんだけど、どうかな?」や「◯◯にしたいんだけど、どう思う?」と女性から聞かれたときに、「あ、それでいいよ」と意見や反論もないと、女性側は物足りなくなってきてしまいます。

女性の意見を尊重しすぎたり、受け入れすぎてしまうのでは、バランスが崩れてしまいます。ある程度、男性側からも意見やわがままがあった方が、男女のバランスが良くなります。

まとめと結論

あまりにも意見がなかったり、受け身でばかりいる男性は、女性に飽きられてしまいます。バランスを保ちつつ、女性に「恋人にしたい」と思わせるには、男性側のわがままも必要なのです。

ABOUTこの記事をかいた人

編集長の佐々木奈保子です! 東京都内在住の37歳・既婚女性です。31歳の時に人生の転換期を迎えて婚活を開始。 3年間の婚活を経て34歳のときに5歳年上の男性と無事結婚しました。 結婚までに80人以上の男性とお会いしました。婚活で出会った男性と連絡先交換〜デートを行った経験を元に、体験談や交際の際に役立つ恋愛ノウハウなどを更新中です!