【コミュニケーション編2】あなたはどれくらいパートナーを思いやることができるか by 男の婚活塾

約 1 分で読めます。】

だれかが重い荷物を持ってくれたり、ドアを支えてくれたり、列の前に入れてくれたりして、温かい気持ちになったことが一度はあるでしょう。

この混沌とした世界で、全く知らない人に親切にされると、まだ人情は生きているのだと感じるものです。

しかし、相手との関係やその時の気分、天気など、私たちはその時の状況によって人に手を差し伸べるかどうかが変わるものです。

ニューヨークのNew School for Social Researchが、何も知らない被験者にさまざまな人が助けを求めるという実験を行ったところ、中年の人や若者よりも、年配の人の方が助けられることが多いことが分かりました。また、男性より女性、地味な女性よりきれいな女性、だらしのない格好の人よりも、きちんとした格好の人の方が助けてもらいやすかったのです。

また、良いセルフイメージを持ち、自分は役に立つ人間だと思っているときの方が、人を助けようという気持ちになりやすいことも分かっています。
婚活においては、あなたはどれくらいパートナーのことを思いやることができるでしょうか?

さっそく診断してみましょう!